津嶋神社

1年に1度だけ津島への道を渡る事が出来る

美しい海が広がる風光明媚という言葉がぴったりの香川県多度津町、この海岸寺から多久町にわたる松崎にかけての海岸線は美しく思わず目を見張ってしまいます。
この美しい瀬戸内海の小島にあるのが、津嶋神社です。

非常に珍しい子供の健康と成長を守る神として江戸時代から信仰されているこの神社は、家族連れの参拝客が多く訪れるといいます。

津嶋神社がある島は、周囲132mという小さい島で絵、ウバメガシが島の岩に根をおろし、生い茂り、荒波や季節風に洗われた奇岩が重なっている島です。
ここに御鎮座されるのが素戔嗚尊をお祀りしている本殿、幣殿、拝殿、神饌殿、社務所、守札授与所です。

しかしこの島に渡る事が出来るのは、年にたった1度、毎年8月の4日、5日に行われる夏季例大祭の時だけです。
この時には、述べ10万人という参拝客を迎えます。

全国でも珍しい子供の守護となる神様

津嶋神社は子供の神様、守護とされるもので、全国的にも非常に珍しいといわれています。
文禄元年、6月から8月にかけてここで女の唄う声が響き、その声を村の人たちが怪しいと尋ねてみても、どこにも見当たりません。

巫女にその声を探ってもらうと巫女に対し海の中に住む神、津嶋神であり、今からこの島に祀ること、祠など必要なく何より木を植えること、それがご神体となること、こうすることで村の子供や牛馬を病気から守ると告げられました。

村の人たちはそれを聞き鳥居を建てて島に祀り、それ以降旧暦の6月24日、25日に政を行ってきたといわれています。

この津嶋神社は牛頭天皇とも呼ばれています。
昔、牛馬の病気が大流行しこの辺りでも200頭以上の牛馬が死にました。
でもこの津嶋神に守護されている里では一頭の牛、馬も病気にかかりませんでした。
牛馬の病気を封じたことが知られ、家族と共に牛を連れる参拝客が多くなり、ご祈願した津嶋神社の赤いのぼりを牛小屋の出入口に祀るようになったといわれています。

お子さんを連れたご家族が通る「つしま橋」は「しあわせ橋」と呼ばれる

毎年、8月の4日、5日の2日だけは島に橋が架けられてわたる事が出来ます。
子供たちの健康と成長を祈るため、本殿にはこの時、約10万人とされる参拝客が訪れます。

ベビーカーを押したご家族、お子さんを手をつないで歩くカップル、またご結婚されて間もないカップル等も見かけますが、この祭りの期間だけ渡る事の出来るつしま橋は、この橋を渡ると幸せになれるということから、別名「しあわせ橋」とも呼ばれています。

美しい瀬戸内々に浮かぶ神社は非常に幻想的で、まさしくそこに神様が御鎮座されていると実感できる風景です。
夜になると対岸の灯りが美しく参拝客を迎え、4日の夜の花火の際にはより幻想的な島の景色を堪能できます。