鹿島神社

海運と安産、勝負の神と親しまれている鹿島神社

福島県福島市に御鎮座する延喜式内 鹿島神社の神様は、タケミカヅチノミコトです。
イザナギノミコトが御子となる迦具土神を斬り給うた際、血となった神といわれています。

天孫降臨に先立ち天照大神から勅命を受けて、経津主神と一緒に国護りという大変な業を成された神様です。
こうした尊い御神徳を成されてきたことから開運、安産、勝負の神様として、また方位除けの神様として知己の方々に崇敬されてきました。

鹿島神社の御由緒とは?

実はいつ御鎮座されたのか?詳しくは不明です。
ただ、遠い昔、篠生(信夫)の郷が湖沼で、少しだけ水から出た場所となっていた鹿島山丘上に常陸国鹿島神宮から攘夷地経営のために分祀勤請したと伝えられており、それがいつだったのかということなどわかっていません。

垣武天皇延暦元年区賊を征伐することについてご祈願し神験あったとされ、勲五等と本国の封に戸を授かったとされています。

1196年、暴風雨被害のために本殿が被害にあい大破してしまったため再建されました。
後醍醐天皇の皇子義良親王が霊山される際に参詣され、延喜式鹿嶋神社という石碑を建立奉納されています。

1579年には伊達家が篤く崇敬され、太刀一口を奉献、1783年には伊達家の御筆による額、鹿嶋神社を賜ります。
その後拝殿を改築、1824年京都の吉田家より御鏡御幣を奉納され、この同じ年に本殿が再建されました。

明治初年、雨覆を設け昭和40根には屋根替等の改修工事を行い、御鎮座1100年を記念し平成13年、拝殿、幣殿を改築、現在荘厳たる歴史を彷彿とさせる美しい社殿となっています。

昔この鹿島神社のあった場所には小倉郷の丘上があり駅路に沿い、中世の時代には伊達家家臣、14代稙宗の重巨牧野家が暮らす小倉館が存在し他ことから、別名で小倉鹿島神社と呼ばれることもあります。

多満留福稲荷、要石、白蛇像などの境内の様々な様子

鹿島神社の境内には古き歴史と伝統を感じさせる像や石、稲荷があります。
貯まる福稲荷といわれる多満留福稲荷は、家運と金運がより高まる様にと御祈願される方々が参拝に来られています。

また茨城県にある御本社、鹿島神社には武甕槌神が災害をもたらしてきたオオナマズを抑えたといわれる要石があり、この鹿島神社においても同じように要石が言い伝えと共に存在しています。

様々な災いを防ぐ災難除けの御守としてここにも、災いが来ぬようにと参拝される方が見られます。

この神社の御使いとされている白蛇像は、金運と家運が高くなるといわれており、参拝に来られた方々は白蛇像のお体をなで、金運、家運が高まる様にと参拝されています。

鹿島神社の御神木とされる樹齢400年以上という威風堂々たる姿で御鎮座するけやきの木は、昭和56年、福島県の緑の文化財の指定を受けている巨木です。
何事があってもどんとその姿を構えているこの御神木からも、大きな徳を頂けるような気がします。