西宮神社・えびす宮総本社

日本全国のえびす神社の総本社

西宮神社・えびす宮総本社は、兵庫県西宮市に位置する神社です。
えびす信仰は日本古来の信仰で、全国に3,500を超えるえびす神社があるとされています。
この西宮神社・えびす宮総本社は、そのえびす神社の総本社で、全国のえびす信仰を束ねる重要な神社なのです。

西宮神社・えびす宮総本社で奉られている神は、えびす大神を主神として、天照大御神や大国主大神、須佐之男大神といった日本の主要な神々です。
この神社は第一殿から第三殿まであり、それぞれの社殿に1つずつ神様が奉られています。

日本古来のえびす信仰の始祖となった神社

西宮神社・えびす宮総本社の創設の時期については、はっきりとしたことが分かっていません。
しかし、平安時代の記録にはすでにえびす信仰が日本で根付いていたことが明らかになっていますので、かなり歴史の古いものであることを推察できます。

この地におけるえびす信仰は、漁業の神として海上交通の安全などの祈願によってなされていました。
その後、同時が宿場町として栄えるようになると、市の神また商売繁盛の神としても崇められるようになり、ご利益を願う人が大勢この神社に訪れました。

えびす大神は、その顔の様子からも分かるように、総合的な福の神として信じられていて、人々の心のより所となってきました。
そのため、日本各地でえびす様を奉る神社が増え、3,500を数えるほどになったのです。
その中心地として西宮神社・えびす宮総本社は、人々の幸福に寄与していて、そのご利益にあずかろうといつも多くの人で賑わっています。

いろいろな祭事を通して人々の幸せを祈願する

西宮神社・えびす宮総本社では、季節を通じてたくさんの行事や祭典を執り行っています。
どの行事も、人々の幸せを願うもので、福の神としてのご利益を多くの人々に分け与えています。

たとえば、初宮参りを受け付けていて、生まれたばかりの赤子が健康に育つようにとの祈願を行っています。
神職による雅楽の演奏なども行っていて、厳かな雰囲気の中子どもの将来を願う祈祷が行われます。

また、一月九日から三日間は、十日えびすという新年の祭典が催されます。
1年の安全と繁栄を願う参拝客で大変な賑わいを見せ、例年100万人を超える人々が集まります。

また、この祭りを締めくくる神事である走り参りでは、1年の福男を選ぶ習慣があり、クライマックスを迎えます。
この様子は、テレビなどで放映されることもあり、大変有名ですし、外国からの観光客を含めて、たくさんの見物人が集まります。

日本の幸せを担うえびす大神を奉る西宮神社・えびす宮総本社は、人々の心の支えとなっていますので、これからも多くの人に愛され崇拝されていくことでしょう。