神社の参拝方法

参拝の仕方、あいまいだと願いがかなわないようで不安

初詣の時もそうですし、受験で合格祈願に行った時、またお子さんが安産で生まれますように・・と願いを込める時なども、参拝を行う正しい方法を知らないと、本当に願いがかなうかな?と不安になるものです。

参拝はしっかり基本を理解していれば、気持ちよくお参りできるものです。
初詣、合格祈願、七五三やお宮参りなどの際、恥ずかしくなくしっかりと参拝できるように、正しい参拝の方法を理解しておきましょう。

鳥居をくぐる時から参拝の気持ちをもって

参拝に行く場合には、鳥居をくぐる時から神様のお近くに行くという気持ちをもって、衣服をしっかり整え、鳥居をくぐる時には軽く会釈します。
鳥居の向こうは神様の空間、失礼は許されません。

参道の真ん中を歩いている人を見かけますが、参道の真ん中は神様が通る道です。
人は神様が通る中央を避けて少しずらして歩きます。
これから神様にお願いごとをするのですから、気持ちを改め準備しながらゆっくり歩きます。

手水舎で手水を行う

お参りする場所の前に、かならず手水舎があると思います。
ここは神様に参拝する前に身を清める場所なので、しっかり手水を行います。

右手で柄杓を持ち水を汲み左に水をかけます。
神道の場合は左が神聖とされるため、まず左を清めるのです。
次に柄杓を左手に持ち替えて右手にかけ、これによって両手が清められました。

次に柄杓を右に持ち替えて、左の掌に水を受け、お口を漱ぎます。
柄杓に口を付けることは厳禁!必ず左の手に水をうけてからお口を清めます。
お口を清めたらもう一度左手に水をかけ(口でけがれたのでもう一度清める意味がある)、最後に両手で柄杓をたて、柄杓の柄に向けて水を流し、柄杓を清め置き場に臥せます。

参拝は二拝二拍手一拝(二礼二拍手一礼)
この言葉を聞いたことがあるという人もいるかと思いますが、実際にしっかりできる人が少ないので、ここでしっかり覚えておきましょう。

お賽銭箱に御賽銭をいれます。
このお賽銭は昔白い紙にお米を包、おひねりとしてお供えしてきた名残です。
お賽銭を入れる事で心の靄(もや)を払うといわれています。

お賽銭をいれたら鈴を鳴らしこの鈴の音で穢れを祓い清め神様を呼ぶという意味があります。

二拝、深いお辞儀を2回行い、神様に敬意を表します。
それから二拍手、胸の高さで手のひらをあわせて右手を少し下にずらし二拍手、さらに指先をきちんと合わせてから祈りを込めて手を下します。

掌をずらすという行為は、神様と人が一体になっていないということを表し、二度手を打って神様をお招きし、その後手のひらをあわせて終わる事で、神様と人が一体となり、祈願のための神も力を頂くという意味があります。

最後に一拝、深いお辞儀を行い参拝が終了です。
この二拝二拍手一拝については参拝の基本動作として知られているものですが、神社によって違う拝礼を行うこともあるので、参拝の際にわからないようなら確認しておきます。

いずれにしても神様のお力を借りて願いをかなえてほしいと参拝するのですから、神様への礼儀をつくし心清らかに参拝することが求められます。