「絵馬」の由来や書き方について

神社にいって絵馬に願掛けした経験、ある方は多いでしょう

神社にいって受験前などに絵馬に願い事を書いて、それを神社の所定の場所に奉納したという経験をお持ちの方も多いと思います。
受験、また部活で大きな大会があるとか、時には彼とうまくいきますように・・さらに病気が治りますようにとみなさん様々な願いを込めて絵馬を奉納されています。

なぜ絵馬に願掛けを行うのか、その意味などを知らずに奉納されている方も多いと思いますが、その意味や由来を知ると、より神聖な気持ちで絵馬に願いを込めることができるようになると思います。

絵馬の由来とは・・どういうことから願掛けするようになったのか

絵馬に願掛けする理由、それは御祈願の際に馬を奉納していたということから始まっています。
神様は馬に乗って人間界にやってくるといわれていた古来、馬は神聖なもので神馬「しんめ、じんめ、かみうま」といわれていました。

奈良時代位から御祈願に馬を奉納するようになり、奈良時代を知る事の出来る続日本記を読むと、神様に生きた馬を奉納することでご帰還がしたと記述されています。
また雨が降ってほしいと願う場合には黒毛の馬、腫れを願う時には白毛の馬と、平安時代の延喜式に記述されています。

しかし馬は高価なものですし、生活に欠かせないだったため、馬を奉納するということは非常に苦労し、やがて馬の形をした木、紙、土などを利用しかわりに奉納するようになったとされ、いつしか馬をえがいた絵馬が利用されるようになったといわれ知恵ます。

馬以外にも社寺によって違う動物の場合もある

一般的に絵馬とされていますが、社寺によっては馬ではなく違う動物という場合もあります。
この場合、社寺ゆかりの動物や縁起物が利用されています。

また絵馬というのは馬の絵が描かれている木の板のほとんどが家のような形状です。
これは、昔絵馬の板に神馬舎を表すため屋根を付けていたころの名残でこのような形状になっているとされています。

正しく絵馬を奉納しよう

絵馬はなにか願い事がある時、また願い事がかなった時に御礼のために奉納するものです。
初詣の際に奉納するという人が多いと思いますが、願い事がある時ならいつでも奉納して構いません。

願い事についてはしっかり書かなければかなわないとされる場合と、書かなくても心の中でしっかり念じればいいという考え方があります。

絵馬の奉納は昔から人に知られないように行われてきたモノで、名前も願い事も書かず、元より神様はそんなものを書かなくても心の中はお見通しとされてきたので、一般的には丑年女などを書くくらいで、願い事も名前も記載しない物でした。

最近は記載する欄を設けていることもありますが、書けばいいのか?迷った場合には社寺で確認してみるといいと思います。

絵馬に願い事を記載する場合、例えば受験では高校受験に合格しますように、という書き方ではなく、○○高校合格とより具体的に端的に書く方がいいとされています。